木曽のろくろ細工や漆工芸など伝統工芸の技術を生かした「樹wel(じゅえる)」。信州の美しい自然や文化への思いをコンセプトに、ブナをはじめ、カエデやモチノキなどを材料に利用しています。