後世に伝え残したい“もの”

たとえば蔵作りの建物もそのひとつ。

私どもはジュエリーという“もの”も、本来そうあるべきものと捉え

想いがいっぱい詰まった、貴方だけのジュエリーを

提供し続けて行きたいと思います。


ジュリーサロン鶴では、『しなの』という、長野・信州をコンセプトとしたオリジナル・ブライダルリングを製作しており、信州のさまざまな景勝地や花、美しい自然のイメージをモチーフとしています。

それに合わせ、「この信州の自然や、文化を後世に残すために何かできることはないか?」という思いで始めたのが、『長野県・森林(もり)の里親促進事業』です。

現在、東筑摩郡生坂村『上生坂 夢の里山の会』様と里親契約を結び、整備区域の森林を『鶴の森林(もり)』と名付け、社会貢献の一環として、自然豊かな里山の森林整備に取りんでおります。


カラマツに 栗に 楢 タモ セン etc…
しなのシリーズのもうひとつの主役、そう、木箱です。
もちろん、ここ、信州の木。
長野の木工職人さんにひとつひとつやさしく、作っていただいております。

さて、この木箱、ジュエリーの次はおふたりの思い出を入れるもよし。愛の証、あかちゃんのへその緒を入れるもよし。使い方はおふたりにおまかせ。
二つとして同じものがない、世界にたったひとつの木肌の風合い、木目。
しなのシリーズは徹底的に「しなの」にこだわっています。